面積表記に注意が必要な工場建設と賃貸オフィスの選定基準

男性と女性

面積表記に注意

会社

都内でも人気のエリアとして有名な港区は、たくさんの賃貸オフィスがあります。オフィス移転をして新しくビジネス構想を検討していく際は、港区でも立地やアクセスの良いところを選ぶことが必要でしょう。さらに、従業者やオフィスに来訪する顧客や取引先のことも考慮し、賃貸オフィスの間取りや共用部の確認も必須です。その中でも特に確認しておきたいのは、賃貸オフィスの情報で記載されている契約面積。基本的には契約する専有部分の面積のみを既視しているところがほとんどですが、中には専有面積プラス共有面積で記載されているところもあります。この場合、実際にオフィスとして利用できるのは専有部分だけなので、実際に想定していた広さと異なることもあります。この勘違いにより、レイアウトや設備の納入が予定通りいかない可能性もあるので、十分に気をつけておきましょう。

港区でも人気のある賃貸オフィスは、インターネットや広告チラシなどに記載されている物件情報だけではなく実際に見に行くことも大切です。これは、テキスト情報や画像だけでは分からない物件の内情があるからであり、契約するかどうかを左右するポイントになるからです。実際、専有部分の形状や共用部分の設備状況、同じビル内に入っているテナントの状況によりオフィス環境は変わります。快適なオフィス空間を確保したいと考えるのであれば、必ず港区の賃貸オフィスを自分の目で確かめるようにしましょう。