面積表記に注意が必要な工場建設と賃貸オフィスの選定基準

メンズ

設備の確認

ミーティング

貸会議室を利用する場合は、立地面だけではなく設備やサポートスタッフの対応確認をしておくと良いでしょう。円滑に会議を進めるためには、参加する人にストレスを与えないように配慮することが大切です。

もっと読む

面積表記に注意

会社

港区の賃貸オフィスを探す時は、ビジネスが円滑に進められるように選定することが大切です。特に契約面積や専有面積だけではなく、共用面積も記載されていることもあるので事前確認をしておきましょう。

もっと読む

比較するポイント

男性と女性

梅田で賃事務所の契約を行なう際は、エリアの特性を活かせるようなオフィス環境を選ぶことが大切です。特に似たような物件の選定で迷っている場合は、細かな契約条件を確認した上で契約を進めるようにしましょう。

もっと読む

構想と設計が肝心

工場

一からつくる

新しく製造拠点を確保するためには、それ相当の敷地面積と設備を有するところを探さないといけません。求めている条件に適しているところが既存の工場であれば、その場所を借りるか買うかで対応できます。しかし、目的や業種によって求めている条件を満たしているところが見つからないこともあるでしょう。特に特殊な加工や製造を行なう現場では、必須となる設備や周辺環境の選定もあります。ですから、既存ベースで探すことを検討するより工場建設で一から作り上げるのもひとつの方法なのです。

ベースの組み立て

工場建設というと、どうしても莫大な費用と規模、そして時間を有するものだと思われます。確かに大掛かりな設備と規模を有する場合は、それ相当の時間を必要としますが、中小規模だと案外スムーズに仕上がります。これは、工場建設の構想や設計段階からベースがしっかりしているからであり、どのような工場にするのかが明確であるからでしょう。もちろん、ベースを構築するためには、企業単体でできるものではありません。工場建設を手がけるプロの手を借りることも必要で、早い段階から相談しておくことが一番でしょう。最近は、いかに省エネ化して効率の良い工場環境をつくるかを考えてくれるコンサルティングサービスを請け負ってくれるところもあります。ここなら、企業が求めている目的を果たす工場が構築され、ビジネスの基盤となる製造拠点をしっかり築くことができます。